脂肪吸引 メリット デメリット

脂肪吸引を美容外科で行うメリットとデメリットとは?

脂肪吸引はアメリカなどでは非常によく行われる美容方法で、簡単に痩せられると人気があります。

 

日本でも徐々に行う人は増えてきていると言われており、他のダイエット方法に比べて非常に高額になりますが、その効果の高さから多くの人が行っています。

脂肪吸引のメリット

最大のメリットは、1回の施術で済むので継続して治療を受ける必要がない、といった点です。

 

その他、リバウンドをしないのも脂肪吸引のメリットです。

脂肪吸引のデメリット

脂肪吸引を美容整形でするメリットとデメリットとは?

脂肪吸引には様々なデメリットが存在しており、中には取り返しのつかないことも実際に起こっていますので、注意が必要です。

 

脂肪吸引は脂肪を吸引するチューブを身体の中に入れて脂肪を吸いだす作業を行いますが、経験の乏しい医師が行いますと、そのチューブが毛細血管を傷つけて出血をしたり、最悪の場合神経を傷つけてマヒが残る場合があります。

 

マヒが残ってしまうとその後回復する見込みがないので、一生そのまま過ごさないといけないといったことになってしまいます。

 

そういった大きな事故から、脂肪吸引を行ったせいで皮膚がボコボコになってしまった、皮膚が垂れ下がってしまったなどの細かい苦情まであり、脂肪吸引を行うにはデメリットが大きい部分があります。

 

やはり身体の中に異物を入れて徐々に蓄積された脂肪を一気に吸引するのは体に負担が大きいことだと言えます。

 

切らない脂肪吸引と言われるキャビテーション

最近は、美容外科やエステでキャビテーションという痩身方法が人気があります。

 

 

キャビテーションは安全性に関しては脂肪吸引よりもはるかに高く、脂肪の除去率も脂肪吸引には劣りますが安全に痩せられるという点に関しては脂肪吸引よりも上位であると言えます。

 

脂肪吸引とキャビテーション<痩せ方の共通点>

部分痩せが可能な事と、施術を受ける間は受ける側は一切労力を使わないという事が挙げられます。

 

また、2つとも他のダイエット方法に比べて効果が比較的高いことも共通点であると言えます。

脂肪吸引とキャビテーションの異なる点

安全性

脂肪吸引は身体にメスを入れて脂肪を吸引する方法ですが、この際取り過ぎると命の危険性もあります。(実際に脂肪吸引で死亡例があります。)

 

キャビテーションは、超音波で身体の外から脂肪細胞を砕いていく仕組みです。

 

脂肪が固まっている部分は施術中に痛みを感じる事もありますが、柔らかくなってくると、機械の振動音が気になってくる程度だ、という方がほとんどです。

効果が出るまでの回数や期間

脂肪吸引は1回で脂肪をとってしまいますが、キャビテーションは数回通った方が効果的です。

 

エステなどのキャビテーションでは脂肪細胞を砕いて排出してしまうので、1回でも数センチ程度、細くなった!という方が大勢います。

 

ただ、1度で気になる箇所が全てスッキリ!というわけではないので、週に1回ペースで5,6回程度通うのが普通です。

 

脂肪吸引は先程も述べたように様々なデメリットが存在しており、その中でも取り返しのつかないようなこともあります。

 

脂肪吸引に踏み切るのは難しい.....という方はキャビテーションという痩身法を検討してみるのもおすすめです。 →エステのキャビテーションがすぐに痩身効果がある理由